野球

【WBC侍ジャパン】3/12(日)VSオランダ戦マニアックな見所と注目ポイントをハイライト

 

延長11回の死闘の末8対6で勝利した2次ラウンド初戦。

ターニングポイントを見返しながら今日の試合を振り返っていこうと思います。

スターティングメンバー

【侍ジャパン】
1(三)田中
2(ニ)菊池
3(右)青木
4(左)筒香
5(一)中田
6(遊)坂本
7(DH) 山田
8(中)秋山
9(捕)小林
投手 武田

【オランダ】
1(遊)シモンズ
2(中)プロファー
3(三)ボガーツ
4(右)バレンティン
5(DH)グレゴリアス
6(二)J・スクープ
7(一)スミス
8(捕)リカルド
9(左)オデュベル
投手 バンデンハーク

1番に田中(広島東洋カープ)と8番に秋山(埼玉西武ライオンズ)と侍ジャパンは思い切ってオーダーを変えてきました。

オランダ戦は先発のバンデンハークを打ち崩せるかが鍵です。

そしてメジャーリーガも揃う協力の打撃陣を抑えきることができるか。

では試合ハイライトを見ていきましょう。

先発の石川(千葉ロッテマリーンズ)がオランダ打線を止め切れず

f:id:yusuke1040:20170313133033j:plain

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170312_2.html

初回の立ち上がりはそれほど悪くなかった石川。

ただ2回のスクープ(オリオールズ)への本塁打はその前にタイミングを外していたカーブに見事アジャストしてきたので相手が一枚上手。

打球がピンポン玉のようにレフトスタンドへと吸い込まれていった。

3回のシモンズ(エンゼルス)のタイムリーとバレンティン(東京ヤクルトスワローズ)の本塁打も同様にオランダ打線の勢いがすごいといった印象だった。

さすがはメジャーリーガを揃えてきただけはあるという布陣。

まさかの3回5失点。これには小久保監督も予想外であっただろう。

9人の投手陣で延長11回を制した総力戦

f:id:yusuke1040:20170313133139j:plain

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170312_2.html

まさに“死闘”と言える戦いぶりであった。

石川の後を託された平野(オリックスバファローズ)が悪い流れをストップしてくれたのは大きかった。

千賀→松井→秋吉→宮西→増井の5投手で9回まで無失点でつないだのも評価できる。

則本(東北楽天ゴールデンイーグルス)が同点に追いつかれてしまったもののその後を受けた牧田(埼玉西武ライオンズ)が完璧にオランダ打線を封じたことがこの試合の一つのターニングポイントだったとも分析する。

9回の”抑え則本”は失敗だったのか??

9回に則本を投入したことでこの試合を苦しめてしまった。

おそらくだがオランダ打線の振り負けない印象を見て侍ジャパンは「力で押し込める」「強い球」を投げ切ることができることで抑えに則本を投入したと分析する。

牧田(埼玉西武ライオンズ)で力ですくわれて本塁打より力で抑え込むことができる則本を選択した侍ジャパンだったがこれが結果的に同点という形を迎えてしまった。

球速も150kmオーバー。

MAX156kmを記録していたことから則元の調子は決して悪くはなかった。

ただそれ以上にオランダ打線が速い球にめっぽう強かった。

迎える打者全員が則本の速いストレートに力負けしていなかったのである。

メジャーリーガ以外の下位打線のアメリカ独立リーガー達までもがだ。

スライダーのキレも良かったがスピードも出ていたこともあり小林(読売ジャイアンツ)は直球主体で行ってしまったのであろう。

それが結果的に9回の同点劇に。

この試合でもしかしたら権藤投手コーチ・小久保監督はこの後の戦いでより則本を使いづらくなったであろう。

やはり則本は先発型の投手。

ここは配置転換で先発に戻すべきであるとも思う。

2回を完全に抑えた牧田(埼玉西武ライオンズ)を固定で抑えにするべき

f:id:yusuke1040:20170313133213j:plain

(好救援の牧田)

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170312_2.html

延長10回11回と2イニングを完璧に抑えた牧田がこの試合のMVPでもあると思う。

やはりオランダ打線も下手投げの牧田には全くタイミングが合っていなかった。

確かにシーズンを通して対戦経験があれば攻略も見えてくるが初見の国際試合ではまず難しいだろう。

そしてそれが象徴された試合でもあると思う。

ここから先は力でくる相手が多い中で”かわす投球”ができる牧田を抑えに固定することでより戦いやすくなってくるとも思う。

明暗を分けた鈴木 (広島東洋カープ)の1球送りバント成功

中田の活躍は言うまでもないだろうがその前の打者:鈴木に注目した。

延長11回から始まるタイブレークはノーアウト1・2塁からで始まる。

先攻の侍ジャパンの方が正直不利ではあった。

なぜなら後攻のオランダは先攻が何点とるかによって戦術を変えることができるからだ。

2点以上取られれば裏の攻撃は攻めるしかない。逆に0点で抑えれば裏の攻撃は1点だけを取りに行けばいい。

そんな不利な状況で本来4番であった筒香(横浜DeNAベイスターズ)はすでに変わっている。

おそらく打者:筒香なら間違いなく「打て」であったが鈴木に変わっていたことで中田のタイムリーが生まれたのかもしれない。

あの場面で1球でバントを決めた鈴木が勝利の立役者とも言える。

打線の破壊力は抜群だったオランダ打線

f:id:yusuke1040:20170313133358j:plain

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170312_2.html

やはり打線の破壊力は抜群だったオランダ打線。

3回・9回の得点シーンも集中力が半端じゃなかった。

さすがメジャーリーガを揃えてきた打線。

その中でも4番のバレンティン(東京ヤクルトスワローズ)がつなぎぐシーンは意外であった。

シーズン中は1発狙いのバレンティンであるが3回の本塁打のシーンもコンパクトなスイングでヒットの延長の本塁打といった印象。

9回の右中間へのヒットも次の打者へつなごうという感じが出ていた。

やはり後ろを打つグレゴリウス(ヤンキース)・スクープ(オリオールズ)がいい打者だからという信頼もあるのだろう。

全ての打者を含め打線の破壊力が印象的だったオランダ代表。

この試合の勝ち切れた要因はやはりオランダ投手陣の弱さであった。

先発のバンデンハークを早い回で下ろせたのも大きかったが後ろをつなぐ投手陣があまりいい印象がなかった。

2番手のマルクウェル(オランダリーグ所属)こそ技巧派ではあったがそれ以外は力任せに投げていた印象。

球の完成度もそれほど高くはなかったことも侍ジャパンにとっては良かったのだろう。

これでまずは2次ラウンド1勝を手にした侍ジャパン。

次のキューバ戦に勝利して難敵イスラエル戦へと向かいたいものだ。