最終更新日:
オピニオン

【レビュー】映画 キセキーあの日のソビトーの感想とまとめ。前向きな気持ちになれる作品

どうも!パ〜ヤンです。

現在公開中の映画 キセキーあの日のソビトーを鑑賞してきました。

アーティストGReeeeNの誕生秘話を描いた映画で昔のGReeeeNばかりを聴いていたあの日の気持ちを再び思い返していました。

菅田将暉さんたちが組んだグリーンボーイズも現在大人気ですね。

映画「キセキーあの日のソビトー」 の感想やあらすじを簡単にまとめてみました。


映画 「キセキーあの日のソビトー」簡単なあらすじ

アーティストGReeeeNの誕生秘話の物語。

主人公のJINはメジャーデビューを目指して音楽の道に進むと家を飛び出す。

医者である父は息子二人に手を挙げるほどの厳しさ。

JINの弟HIDEは「歯科衛生士を目指す」と言い歯科大学に合格するも大学の仲間たちとともに”グリーンボーイズ”を結成する。

その頃、音楽の方向性ついてうまくいってないなかったJINはバンドを解散し弟のHIDEのグリーンボーイズの作詞:編集を手伝うようになる。

登場人物

ジン (松坂桃李)

GReeeeNのボーカル ヒデの兄。

メタルバンドのボーカルでメジャーデビューも果たす。

しかし音楽性との違いでメンバーと衝突。

そんな時に弟のヒデが組んだグループのプロデューサーをかってでる。

f:id:yusuke1040:20170209220201p:plain

ヒデ (菅田将暉)

歯医者を目指しながらも音楽の楽しさと葛藤する青年。

兄のジンが厳しい父親に反抗するのを見て「自分は反抗してはいけない」

と思いながらも兄からの”お前のやりたいことはなんだ”に動かされる。

プロデューサーのジンは実の兄。

f:id:yusuke1040:20170209220700p:plain

珠美 (麻生祐未)

ジンとヒデの母。

厳しい父親に対して唯一味方をしてくれる。

ヒデが隠れてデビューしたGReeeeNを陰ながら応援している。

f:id:yusuke1040:20170209221029p:plain

誠一 (小林薫)

ジンとヒデの父親。

医者であり音楽をするジンに「お遊びはやめろ」と言い続ける。

f:id:yusuke1040:20170209221248p:plain

理香 (忽那汐里)

ヒデの音楽を応援する恋人。

f:id:yusuke1040:20170209221535p:plain

ナビ (横浜流星)

グリーンボーイズのメンバーの1人。

主人公のヒデとは予備校時代からの友人。

f:id:yusuke1040:20170209221653p:plain

ソウ (杉野遥亮)

グリーンボーイズのメンバーの1人。

甘いものが好き。

f:id:yusuke1040:20170209222115p:plain

クニ (成田凌)

グリーンボーイズのメンバーの1人。

周りをよく見ているムードメーカー

f:id:yusuke1040:20170209222349p:plain

(ネタバレあり)前向きな気持ちになれるような作品

GReeeeN世代のボクからしたら懐かしい曲ばかりで嬉しかったですが、作品としても誰でも楽しめるような内容だったと思います。

音楽を反対する父親との対立。

それを見て自分だけは音楽はやらないと決めていたヒデも歯科衛生士との両立でGReeeeNを知らない人なんか今じゃ日本じゃいませんからすごいですよね。

 

一番びっくりだったのがプロデューサーを務める兄ジンがメジャーデビューをしていたということ。

メジャーデビューをしたにも関わらず、解散ですから音楽で売れるってなかなか難しいことなんですね。

そんなジンが作中で弟ヒデにはなった「おまえが本当にしたいことは何なんだ」の一言がこん映画で一番胸に突き刺さりました。

普通なら、これでやりたくないことを辞めてっていうパターンですからね。

まさか歯医者とアーティストの両立なんて。

改めて、「世の中に不可能ってないんだな〜」と実感させてくれた映画でした。

 

そしてこの映画を一番見て欲しいのは若者なんかよりも親世代50代〜60代の人にも是非見て欲しいな〜と。

 

この映画で最も気になったのが親と子のドラマです。

誕生秘話というよりは親と子供のぶつかり合いって感じの方が多い気がしました。

偏見かもしれませんが今の50代〜の親世代なんかは色々なことに対して

「ゆとりだからダメなんだ」「子供のくせに」

そんな言葉を聞く機会が多々ありますが、なんにせよ親が子供の才能を潰しちゃいけないなと。

 

「いい会社に入ったからいい人生」

「フリーターは良くない」

「お金があれば優れている」

 

まあ、簡単に表すとジンとヒデの父はこんな感じなんです。

これは確かに現実世界にもいそうな存在ですよね。

 

それでもそんな父との家族不和も消してくれるストーリー展開は見ていてとても面白かったです。

劇中で流れた曲が懐かしかった

劇中では、声・道・キセキの3曲が流れました。

個人的には道なんかはGReeeeNがデビューしたシングルの中で一番知っていた曲だったので懐かしかったです。

神奈川県高校野球の地方大会のテーマソングで使われていた時に「この曲いいな〜」と思ったのを今でも覚えています。

懐かしい気持ちになれたのも音楽の良いところであってGReeeeNの良さでもあると。

家に帰って、昔に買ったGReeeeNのアルバムを引きずり出して思わず聞いてしまいました。

GReeeeNの歩んだ人生は普通ではありえないかもしれない

歯科医師とアーティストの両立なんて普通は考えられないでしょうね。

もちろん同職の方からすればその凄さがもっとわかるはず。

メンバーは好きだから続けていられるんでしょうね。

やはりどんなんことも好きでないと続けていけないということも改めて再確認できました。

ただ、一番壮絶だったのは兄のジンだとも思いました。

一度メジャーデビューして夢を掴みかけていたわけですから弟の活躍を最初はどんな気持ちで見ていたのかは気になりますね。

でもそんなことも忘れさせてくれるアツい兄弟愛もとても良かった。

アーティストや俳優など夢を叶えるには時間がかかるかもしれない職業を目指す人に希望を与えてくれる作品だったとも感じます。

まとめ

いろんな感想やレビューを見ると様々な意見を見ますが個人的にはとても面白かったと思います。

老若男女誰でも楽しめる作品になっているのかと。

これが実話だと考えると、まさにドラマのような人生だとも思いますがGReeeeNのように前向きに生きていきたいなと思えたのはこの作品のおかげです。

劇中のメンバーで構成されているグリーンボーイズのCDも購入しました。

「前向きな気持ちになれる歌」という気持ちや自分の思いが奮いたった気持ちにしてくれた歌を忘れない想いも込めて購入しました。

まだ見てない人も是非劇場に足を運んでみてみてはどうでしょうか。