タメして!パ〜ヤン

「美味しいグルメからライフスタイルに役立つ情報を気ままに発信」

【渋谷クラブ】クラブ初心者だったボクがトイレでゴールインした話 メンズTBCの体験脱毛で150本毛を抜いてきた!! 【懐かしいアニソン】94年世代が選ぶ20代が懐かしいアニメソングBest50 【クラブ初心者】ヤ◯たいあの子と飲みに行くなら待ち時間を遅らせろ

【WBC侍ジャパン】3/14(火)VSキューバ戦マニアックな見所と注目ポイントをハイライト

f:id:yusuke1040:20170316063901j:plain

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170314_2.html

 

どうも!パ〜ヤンです。

キューバを8対5で撃破してこれで無傷の5連勝の侍ジャパン。

ターニングポイントを見返しながら今日の試合を振り返っていこうと思います。

 

スターティングメンバー

【侍ジャパン】
1(DH) 山田
2(ニ)菊池
3(右)青木
4(左)筒香
5(一)中田
6(遊)坂本
7(三) 松田
8(中)秋山
9(捕)小林
投手 菅野

 

【キューバ】
1(中)サントス
2(遊)アヤラ
3(DH)セペダ
4(左)デスパイネ
5(二グラシアル
6(一)サーベドラ
7(捕)アラルコン
8(三)デルガド
9(右)メサ
投手 バノス

 

侍ジャパンはオーダーを1番山田(東京ヤクルトスワローズ)に戻してきました。

試合前の予想では6対4ほどで侍ジャパンに分があると思っていましたがはたしてどうか

では試合ハイライトを見ていきましょう。

 

エース菅野(読売ジャイアンツ)が4回4失点でキューバ打線に捕まる

f:id:yusuke1040:20170316063959j:plain

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170314_2.html

 

2回のグラシアル(キューバリーグ所属)に浴びた一発からキューバ打線に捕まり出した菅野。

6回2失点くらいにまとめると予想していましたがさすがのキューバ打線。

ストレート・変化球ともに悪くなはいと思っていましたが球数が多くなってしまったことが悔やまれる。

キューバ打線が相当研究してきているという印象を受けました。

エース菅野がまさかの4回4失点で降板。

 

山田(東京ヤクルトスワローズ)の覚醒で役者が揃った

f:id:yusuke1040:20170316064108j:plain

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170314_2.html

 

この試合のポイントゲッターは何と言っても山田でした。

個人的には山田のスタメン落ちも予想していましたからこれは嬉しい。

先頭打者ホームランは水を得た魚のようにスイングが明らかにこれまでと違い振り切れていました。

8回のだめ押し2ランホームランもさることながらこの試合は山田の復活が大きな分岐点となりました。

 

中継ぎ陣の踏ん張りが勢いをもたらした

f:id:yusuke1040:20170316064225j:plain

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170314_2.html

 

やはりこの試合も大きな鍵を握ったのが侍ジャパンの中継ぎ陣。

菅野の後を平野(オリックスバファローズ)→松井(東北楽天ゴールデンイーグルス)→増井(北海道日本ハムファイターズ)→牧田(埼玉西武ライオンズ)とつなぎましたが、中継ぎ陣の踏ん張りが大きかった。

 

増井も打たれてはしまいましたがその後をよく抑えた。

特に平野の火消しぶりは見事でしたね。

菅野が失点して流れの悪い次のイニングを見事ピシャリと締めてくれました。

 

まさに全員野球で野球の醍醐味を見た試合でもあった

野球の基本が凝縮されたような印象の試合でした。

山田の本塁打から始まり、取られたら取り返す展開。

筒香(横浜DeNAベイスターズ) 小林(読売ジャイアンツ)のタイムリーや内川(福岡ソフトバンクホークス)の犠牲フライで決勝点。

1点をもぎ取りにいく日本らしいコツコツとした野球が見られたと感じます。

フライをあげない・ゴロを打つ。

野球の基本が垣間見えた試合でもありましたね。

 

投手力が明暗を分けた侍ジャパンとキューバ代表

菅野を見事攻略したキューバ打線。

初戦で当たった時のような打線とは大きく変わっていました。

何より初戦で勝利した時よりもスイングも鋭いし打線の破壊力も増している。

事実、菅野から4回までに7安打を浴びせ「やられた」と思いました。

それでもその後のイニングを3安打しか打たれずに中継ぎ陣が踏ん張ったこと。

逆にキューバは先発のバノスこそよかったですがその後の投手陣がピリッとせず8回に侍ジャパンが勝ち越し。

 

日本の投手が精密なコントロールと変化球とストレートの見事なコンビネーションで打ち取るのに対し、どこかキューバ投手陣はアバウトな印象。

配球もなんとなく一辺倒であったと感じます。